日本新聞労働組合連合
新聞労連紹介出版物案内メルマガ申込み機関紙DB声明・見解販売正常化実現・再販制度維持のために講演録ホーム
新聞労連

HOME>声明・見解>MIC声明・日本人人質の即時解放を求める

MIC声明・日本人人質の即時解放を求める
2015年1月21日
日本マスコミ文化情報労組会議(MIC)
議長 新崎 盛吾


 

シリアやイラクで勢力を拡大する「イスラム国」を名乗るグループが20日、フリージャーナリストの後藤健二さんら2人とみられる日本人を人質に取り、72時間以内に身代金2億ドルを支払わなければ殺害すると警告する映像をインターネット上に公表した。

人命と引き替えに金銭を要求する卑劣な行為は、いかなる理由があろうとも絶対に認めることができない。ジャーナリストを標的にすることは、国際社会で最大限の価値を認められている言論や表現の自由への著しい侵害でもある。私たちはマスコミ・文化・情報の現場で働く立場から、犯行グループに対して、2人の命を奪うことなく一刻も早く解放することを強く求める。

一方で今回、日本人が狙われたという事態は、重く受け止めなければならない。一昔前まで、アラブの人々は一般的に親日意識が強いとされていたが、イラクに自衛隊が派遣された2004年ごろから、日本人への視線が変容してきたように感じる。イスラム国対策として約2億ドルの支援を表明した安倍晋三首相の中東歴訪のタイミングに合わせ、映像が公表されたことからも、人質事件が日本政府の態度と無関係とは言えないだろう。

イスラム教の教えは本来、命や平和を尊ぶ考え方だと理解している。私たちはジャーナリズムの原点として、あらゆる暴力と戦争に反対する立場を確認するとともに、平和的な手段で解決が図られることを望んでいる。

  安倍政権が海外の邦人保護を名目に、さらなる軍事力強化や自衛隊の積極的な海外進出を図るのであれば、日本国民の生命への危険性はさらに高まる。犯行グループの要求を無条件に受け入れる必要はないが、政府には人命最優先の考え方に基づいて、最大限の努力を求めたい。



MIC Statement

We demand the immediate release of Japanese hostages 

January 21, 2015

MIC (Workers of Mass media, Information and Culture)

Chairman Seigo Arasaki 

Islamic State, an extremist organization that has been expanding its influence in Syria and Iraq, released video footage of Japanese freelance journalist Kenji Goto and another Japanese hostage on Jan. 20, threatening to kill them within 72 hours unless the Japanese government pays $200 million in ransom.

We condemn the cowardly act of demanding a ransom in exchange for people's lives. We also consider targeting journalists as being a serious violation against the freedom of expression and speech whose utmost value is respected by the international society. We, workers of the mass media, information and culture industries, strongly demand that the militant organization immediately release the two hostages.

At the same time, we need to carefully assess the crisis involving Japanese nationals. People of Arab nations were said to be pro-Japanese. However, we feel that their perception has been changing ever since Japan dispatched its Self-Defense Forces to Iraq in 2004. We must take note of the fact that the video of the hostages was released during Prime Minister Shinzo Abe's visit to the Middle East earlier in January and his announcement of $200 million in aid to support the states battling IS.

If the Abe administration were to push ahead with Japan's remilitarization and proactive deployment of SDF overseas in the name of protecting its nationals abroad, Japanese nationals would face a higher risk. Although Japan should not unconditionally grant IS's demand, we urge our leaders to make utmost efforts and consider the lives of the hostages as a priority.

It is our understanding that Islamic teachings respect life and peace. We, too, as journalists share this principle: We stand against any form of violence and war. We wish to overcome this crisis however possible.

以上